カテゴリー「お知らせ」の記事

2013年1月25日 (金)

アニソンフェスタ2013のステージ詳細と『明日の希望』上映時間がわかりました。

Hi! TR-Zです

「ひょうご安全の日推進事業

~1・17&3・11鎮魂と防災と希望の集い~

アニソンフェスタ2013 in KOBE六甲アイランド

のステージ詳細がわかりました


アニソンフェスタ2013 ステージ詳細発表!

 

13:00 オープニング【D.D.R.W】
13:15 アニソン紅白ステージ
    白組 小西誠・澤井準・斉藤淳

      紅組 ※シークレット

アニソン震災復興メドレー《歌え!石ノ森章太郎作品ソング!!》

14:30 パフォーマンスステージ
   ・COSPafo

    ・You&Me
   ・Maguma
   ・単体戦隊恋レンジャー


第2部
16:00 防災とアニソンライブステージ

   ・井上ひかり
   ・喜多修平

エンディング《神戸から東北へ・・・しあわせ運べるように。》

18:00 終了予定



・・・ということです

 

 

私が心身ともに具合が良くないため、スタッフに一任しておりますので、

 

上記の情報も「アニこべスタッフブログ」から転載いたしました。

私も当日が楽しみでワクワクしております。(o^^o)


そして

アニソンフェスタを十分に堪能された皆様

 

アニソンフェスタ終了後18時半(夜6時半)から、
感動の名作アニメ映画『明日の希望』上映会開始です


上映時間が83分なので、

 

 

予定通りいけば、

19時53分終了になります。

 

こちらは株式会社現代ぷろだくしょん主催です。
「アニソンフェスタ」とは、別料金になりますので、ご了承ください。


アニソンフェスタ開場時間より、

 

前売り券よりもお安い、制作協力券」一枚千円を、販売予定です。

売り切れ次第、販売終了です

 

 

もしも「制作協力券」が完売の場合は、映画会社の受付で当日券をお買い求めください

 

 

もちろん、前売り券も使えます


『明日の希望』公式サイト

http://www.gendaipro.com/kibou/kantoku.html


2月10日(日)は、

六甲アイランドへ GO





2012年12月16日 (日)

明日は神戸コスプレコレクション!

HI! TR-Zです

体調悪化でブログ更新できなくてごめんなさい。

16日(日)は、神戸コスプレコレクションが、専門学校アートカレッジ神戸9階ジュリアホールで開催されるそうです。

お知らせが遅くなってすみません。(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

http://ameblo.jp/anikobe/entry-11427813165.html

取り急ぎお知らせまで。


2012年10月23日 (火)

『明日の希望』HP更新されています!山田監督と水木さんらの写真アリ!!

HI! TR-Zです

今日、

現代ぷろだくしょんから、

社会派アニメ映画

『明日の希望~悲しみよありがとう・高江常男物語~』の、

ポスターやチラシ、新聞記事のコピーなど、

資料一式が届きましたので、

さっそく、お礼のお電話をいたしました。

なんか慌ただしいドタバタした感じを受けたのですが、

 

お話を伺うと、なんと、

 

今日、映画が完成したばかりだそうです。

 

それでもう、大変なんだとか


『明日の希望』のHPが更新されています



主役の高江常男さん役の声優は

アニメ映画の声優初出演&初主演の、

水木一郎さんです。

語りは

『まんが日本昔ばなし』のナレーションや、

『家政婦は見た』の主演でお馴染みの実力派、

市原悦子さんです。

http://www.gendaipro.com/kibou/news.html

お二人とも超有名ですが、

詳しくはHPのこちらでご紹介されています。

http://www.gendaipro.com/kibou/cast.html




ところで、

送っていただいた札幌市にある新聞社発行のローカル新聞のコピーなのですが、

決定的な誤植を発見

くらしの新聞社発行の、

『週刊まんまる新聞』の

10月19日号なのですが、

水木一郎さんの紹介のところが以下のようになっています。

(以下引用、赤字は私がつけました。):



映画では、主人公・高江常男の声に、

「マジンガーZ」や「仮面ライダー」シリーズなど

120曲にも及ぶ

アニメ・特撮ソングを歌い、

世界的にも人気が高い水木一郎が声優初挑戦。

もちろん、

主題歌も歌う。

(以上、引用。)

120曲じゃないですよ~

1200曲ですよ~

桁が一つ違いますよ~

記者の方が、

 

「1200曲?ありえねー、120曲の間違いだろう

 

などと思われて、

 

変えてしまわれたのかも…

 

まあ、これは私の勝手な想像ですが~




せっかくなので、続きを引用します。(以下、引用。):

 

さらに、高江常男夫人・美穂子さんの声を、

 

テレビドラマ「大岡越前」の妻・雪絵役でも知られる

 

帯広市出身の女優で、

 

声優としても活躍する平淑恵(たいら・よしえ)、

 

そして、ナレーションは

 

「日本むかしばなし」をはじめ、

 

温かみのある独特の魅力で女優としても声優としても活躍し、

 

最近若い世代にも人気急上昇中の市原悦子が担当。

 

音楽は

 

元「六文銭」の、

 

札幌出身のミュージシャン・石川鷹彦。

 

(以上、引用。)

 

へええ~~~

 

市原悦子さんって、

 

「最近若い世代にも人気急上昇」とは知りませんでした

 

私、芸能ネタに弱いもので、全く知りませんでした


主題歌の録音のついての水木一郎さんのツイッターがこちら。(以下、引用。)


おはようございマチュピチュ(*☻-☻*)

今日も感謝の気持ちを忘れずに元気に明るくレッツゴー!

映画、明日の希望〜悲しみよありがとう〜の今日のレコーディングも楽しみだゼーット!

この歌に込められた命の重さ、生きることの喜びをみんなに伝えられたらとがんばって歌います♪


実話を元にしたアニメーション映画、明日の希望〜悲しみよありがとう〜の主題歌のレコーディングは無事に終了。

素晴らしい詞曲に演奏に泣けました。

俺の隣りに山田火砂子監督、後方右手が音楽とギター演奏の石川鷹彦さん左手が詞曲担当後藤やすこさんです。






先ほどは140文字を越えたので詳しく書けませんでしたが

今日のレコーディングで石川鷹彦さんとコラボ出来たことは感激でした。

フォーク界を背負って来て今尚現在の音楽界を背負い続けている石川さんは流石アコギの神です。

素晴らしい演奏と楽しい時間をありがとうございました。感謝だゼーット!

(以上、水木一郎さんのツイッターより3件、引用させていただきました。)



そうか、石川鷹彦さんって、「六文銭」のギタリストさんだったんですね

 

六文銭」の名前だけは、幼い頃に聞いたことがあるように思います。






では、「週刊まんまる新聞」の記事の最後にある山田監督のお言葉を引用して終わらせていただきます。(以下、引用):

 

「映画の中では、高江常男さんがいくつもの困難を乗り越え、

 

懸命な努力の中から障がい者をはじめとする周囲の人々に希望を与えていく姿を描いています。

 

私は多くの親御さんたち、ことに未来をになう子供達に言いたい。

 

人はいかなる困難にぶつかっても、

 

死を選ぶのではなく、

 

高江さんのように努力と根性で立派に人生を乗り切った方があることを。

 

そのためにこの映画の製作を決意いたしました。

 

ぜひ、

 

たくさんの方々に観ていただきたいと願っております。(以下略。)」

 

(以上、引用。)

 

神戸でも映画を上映していただけるようで

 

「どこか良いホールないですか

 

と、

 

スタッフの方に聞かれたので、

 

「アニソンフェスタ2012 in KOBE六甲アイランド」を開催した

 

オルビスホール」をご紹介させていただきました

 

う~ん、雰囲気からして、財政的にはかなりきついようですね。。。。

 

そこで、

 

「アニソンフェスタ2011 in KOBE六甲アイランド」や

 

「アニソンフェスタ2012 プレフェスタ1204 in KOBE六甲アイランド」を

 

開催させていただいた

 

ジュリアホール」をご紹介させていただこうと思ってすぐに電話をし直したのですが

 

ついさきほどお電話をさせていただいた方が外出されたそうで

 

またまた、山田火砂子監督直々にお電話にお出になられました

 

ジュリアホールのことや、専門学校アートカレッジ神戸さんのことも一応ごくごく簡単にお話しさせていただいたのですが、

 

「とにかく、映画が今日、完成したところなんで、もう大変なんですよ

 

神戸には絶対に行きますから

 

え?11月11日の四谷区民ホールでの完成試写会での舞台挨拶に水木さん

 

そんなの、あちらさんがスケジュールがお忙しい方だからわかりませんよ

 

と慌ただしい様子で、電話を終えられました



神戸ではどうやら映画上映してもらえるようですが

 

「安いホール探し」をこれからなさるようです



オルビスホールに来て~!

 

ジュリアホールに来て~!

 

 

 

 

 

 

2012年10月19日 (金)

「アニソンフェスタ2013」に向けて始動開始しました!

Hi! TR-Zです

アニこべは、 

「アニソンフェスタ2013 in KOBE六甲アイランド」に向けて、 

始動を開始しました


アニこべの代表である私TR-Z…

(ハンドルネームを略さずに書くと、TRYATTACKーZ)は、

心身の重い不調で     ( ┗(;´Д`)┛超おもてぇ  )、

今回は実行委員長にはなれません。

勝手ながら、当分は「隠居の身」とさせていただきます。

代表代行として、 

「アニソンフェスタ2011」からご協力をいただいておりますH氏が、 

総指揮をとります

 

このブログでの「アニソンフェスタ2013」のお知らせも、 

H氏にお任せいたしました

 

どのようなハンドルネームで登場されるか 

どのような内容になるか 

お楽しみに



このブログでは
 

私TR-Zも、 

「アニソンフェスタ2013」のお知らせ以外では、

お邪魔にならない程度に、

時々、登場させていただきますので 

相変わらずご贔屓を賜われればと存じます



今年度も「ひょうご安全の日」推進事業として

「アニソンフェスタ2013 in KOBE六甲アイランド」が採択されるよう、 

現在、段取りを進めているところです



以上、近況報告でした

今後ともどうぞよろしくお願いいたします


2012年9月16日 (日)

「アニメフェア関西」ステージレポート!

Hi! TR-Zです

先日お知らせさせていただきました、

~神戸から東日本の被災地へエールを送る~

 

アニメフェアKANSAI (9月8日、9日)

の一部ですが、

ステージレポート(「アニソン&声優プレミアムステージ」)をご紹介させていただきます

私はあいにくドクターストップで、

会場にはいけませんでしたので

またまた「なにわの ご隠居」の「すこぶる付きの名調子」を、

どうぞお楽しみください

以下、ご隠居の日記より転載(一部、当方による最小限の編集アリ。):

一昨日(9/8)は、私にとっての遅めの夏休みの2日目。当初は、特に予定
を入れていなくて、昨日(9/9)開催されたセッションの個人練習をしよう
と思っていたくらいなのですが、先日(9/7)「水木一郎コンサート」を
観に行った時に、会場で出逢った友人から声を掛けられました。

「明日(9/8)に開催される『ANIME FAIR KANSAI2012』の中で催される、
 『声優プレミアムステージ』のチケットを取っていたんだけど、急に
 仕事が入って行けなくなってしまって、チケットを無駄にするのは
 勿体無いので、誰か行ける人に譲りたい。今からチケットを渡せる人は
 限られてるし、全く見ず知らずの人には譲りたくないので、ご隠居さん
 の予定が開いているなら、観に行きませんか?」

私も、つい先日、「e+」だったか「ローチケ」だったかから来た案内
メールで、こういうイベントが開催されるのは何となく知っていて、
この豪華な出演陣の名前を見て「行けたら観に行ってみたいけど・・・
今からチケットを取ってまで行くのも難しいしなぁ」と思っていたのです。

とは云え、セッションの練習もしておきたいし・・・と逡巡していたら、
イベント自体は朝10時からのスタートだけれど「声優プレミアムステージ」
は午後5時半からの開演だとのこと。それなら、練習を夕方で切り上げて
向かうこともできるなぁ、と思い、せっかくのご好意を無にするのも勿体
無いので、譲り受けて観に行くことにしたのです。

当日、個人練習を終えて、午後4時40分頃に、会場がある神戸のポート
アイランドの「国際展示場」に到着しました。三ノ宮からポートライナー
に乗って来たのですが、会場に向かって歩いていると、綺麗に着飾った
若い女の子達がやたらに多く同じ方向に歩いている・・・最近のアニメ
ファンの女の子もお洒落になったとは云え、どうも雰囲気が違うよなぁと
思っていたら、「国際展示場」の道を挟んだ別の館で「神戸コレクション」
と云うファッション・イベントが開催されていたのが判りました。納得。

『ANIME FAIR KANSAI2012』の会場に入ると、そこで先日の「新開地まつり」
でもお世話になった「アニこべ」のスタッフであるSさんとバッタリ!!
Sさんは、今年6月に私が出演させてもらった「舞姫爆誕祭」にもいらして
いて、アニメ系のイベントを良くご覧になっているようです。

その他にも、「新開地まつり」で司会をなさっていた柳元麻見さんも今回の
スタッフとして参加なさっていて会場内で出逢ったり・・・と、神戸に来る
と出逢える人たちがいるわけですね。そういえば、このイベントでは、神戸
に縁のある井上ひかりちゃんのステージがあるとも聞きました。まぁ、時間
の都合で、私はそれを観ることはできなかったのですが・・・。

17:00に開場となっていたので、17:10頃にゆっくりと特設ステージの入り口
に行けばすんなり入れるかと思っていたのですが、ステージの音響関係に
トラブルがあって、リハーサルが押してしまったらしく、その分、開場が
遅れていました。なので、そこからずっと行列に並んでいて、やっと開場
したのが、当初の開演時刻17:30を過ぎたころでした。

譲ってもらったチケットの指定席が前から4列目、左右からもほぼ真ん中で、
ステージに立っている出演者の表情が判るくらいの好位置でした。ホント、
友人には感謝です。

ステージは、2部構成になっていました。第1部は、出演声優陣11人による
朗読劇、そして第2部は、その出演者によるアニメソングライブでした。出演
なさった声優さんの紹介も兼ねて、第1部の設定と配役を紹介しておきます。

舞台となったのは、非現実世紀2012年。この世界では「禁アニメ法」が
施行されていて、アニメの話をするのは、法に触れる犯罪となっており、その
禁を破った者は、警察に逮捕されてしまうと云う設定でした。

◆兵庫県警 神戸コンベンションセンター署 側

 署長:野沢 雅子
 先輩刑事(その1):古川 登志夫
 先輩刑事(その2):置鮎 龍太郎
 新米刑事:羽多野 渉

 ※刑事達は、往年の刑事ドラマ『太陽にほえろ!』のようにニックネームで
  呼び合うことになっていて、その名前は以下のとおり。

  署長=大ちゃん(『いなかっぺ大将』風 大左ェ門 から)
  先輩刑事(その1)=ダーリン(『うる星やつら』諸星 あたる から)
  先輩刑事(その2)=美食家(現在放送中の『トリコ』トリコ から)

◆非合法犯罪組織 緒方組 側
 
 組長:緒方 賢一
 舎弟:野川 さくら

◆大阪の児童公園に集まる子供達

 子供(その1):小野 友樹
 子供(その2):木村 亜希子
 子供(その3):大浦 冬華
 子供(その4):長沢 美樹
 子供(その5):かない みか

以上のような配役で、朗読劇が行われました。

アニメを観ることはおろか、アニメの話をするのも禁忌と云う世界の設定で
ありながら、逆にアニメ作品に出てくる名セリフが満載のシナリオで、出演
なさっている声優さん達が、それぞれに自分が過去に演じたアニメキャラの
セリフを、今回の配役のセリフの中に思いっきり織り交ぜてくると云う内容
でしたから、それらのセリフが飛び出すたびに、客席から歓声が「ワァっ」
と上がると云う状況でした。

最近のアニメを全然観ていない私ですが、今回のステージでは、警察署側、
犯罪組織側共に、ベテランの声優さんが配役されていて、'70~'80年代の
アニメ作品の、懐かしいキャラのセリフもいっぱい盛り込んであったため、
私のような年嵩のアニメファンにも、もの凄く楽しめました。もちろん、
若い人達には、現役で活躍されている若い声優さん達の、最近放送されて
いるTVアニメのセリフでは、かなり反応していたようです。

古川さん演じる先輩刑事・ダーリンの殉職(?)のシーンでは、古川さんが
演じたキャラで、死に際が印象的だったキャラ3人の、いまわの際のセリフ
が再現されます。

『ドラゴンボールZ』ピッコロ(もちろん、相手役の孫悟飯は野沢さんです)
『北斗の拳』南斗聖拳のシン
『ONE PIECE』火拳のエース

死にそうになりながら何度も目を覚ましては、こういうキャラの名セリフの
を再現すると云う、ある意味“ギャグ”要素が強いシーンなはずなのですが、
古川さんのセリフが醸し出す臨場感で、それぞれのアニメの名場面が脳裏に
甦って来るので、ついそのシーンを目の当たりにした時の感動を思い出して
落涙してしまいます。特に、最近作の『ONE PIECE』火拳のエースのシーンは
泣けますよね。私の前の席に座っていた女の子はタオルで涙を拭ってました。

一方、置鮎さんも、私にとっては、昭和の時代に活躍なさっていた大ベテラン
の声優さん達に比べると“まだまだ若手”と云う印象なのですが、それでも
既にキャリアも長く、このステージに登場していた、ホントの若手の声優さん
からすれば、兄貴分的な先輩声優さんになるんですよね。しかも、その経歴
の中でいろんな役、特に二枚目なキャラをいくつも演じられているので、何か
につけてカッコいいのです。

そして、今現役で放送されているアニメ『トリコ』では主役・トリコを演じて
います。『少年ジャンプ』掲載作品のアニメで主役を演じていることも考える
と、置鮎さんの立ち位置って、語弊を恐れずに云うと、往時の神谷明さんに
近い存在なのかなぁ、と思うのです。
※そんな置鮎さん、この朗読劇の中で、ウサギの耳のカチューシャをつけて
 『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル!~』の ウサミミ仮面の
 名セリフもやってくれました。

野沢さんの縦横無尽さは、もう言うまでもありません。大ちゃん、鬼太郎、
悟空・悟飯・悟天、ドクターくれは、果ては あらいぐまのラスカルまで
いろんな声を演じてくださいました。もちろん、『銀河鉄道999』の星野
鉄郎もあります。そこからインスパイアされて、この非現実世紀の社会を
管理する「マザーコンピューター」の役として、影ナレ(多分、録音です)で
メーテル役の池田昌子さんの声も、この朗読劇の締めとして登場しました。

あ、そうそう。マザーコンピューターに接続する“特別な装置”として、
『超電磁ロボ コン・バトラーV』のロペット=野沢雅子さん、と『宇宙戦艦
ヤマト』のアナライザー=緒方賢一さんの“赤いロボット”の共演も、往年
のファンには嬉しかったです。

こういう幅広い世代が楽しめるステキな脚本を誰が書いたのか?と思えば、
このステージの司会・進行役を務めた氷上恭子ちゃん(ここも何気に人気
声優さんなのが凄い)から「今回の脚本を書かれたのは、伊福部 崇さん
でした」と紹介されました。

おーっ、伊福部さんじゃないですかっ!! かつて文化放送で放送されていた
番組『ラジオ スーパーロボット魂(スピリッツ)』で構成作家を担当され、
その流れで、あの伝説の「水木一郎 24時間1000曲ライブ」の構成も担当
なさっていた方です。友人のタツキングさんと私が共同編集で発行した
記録本『水木一郎千曲一夜物語』を制作する時にも、インタビューさせて
いただき、お世話になりました。なるほど、それで、こういう楽しい内容
になったんですね。久しぶりにそのお名前を聞いて、懐かしく感じました。

続いて、第2部「アニメソングライブ」では、11人の声優さん達が、比較的
懐かしいアニメソングを、それぞれに交代しながら歌ってくださいました。
誰が何を歌ったのか?が、一番気になるところでしょうが、ほとんどの歌が
“TVサイズ”で歌われたために、入れ替わりの多さにメモが追いつかず、
記録できませんでした。なので、とりあえず曲目を紹介し、憶えている限りの
ところでコメントを加えます。

-----------------------------------
1.忍者ハットリくん

  ※当然、シシ丸:緒方賢一さんが歌います。

2.サザエさん

3.行け行け飛雄馬

  ※男声陣全員が歌います。

4.アンパンマンのマーチ

  ※メロンパンナ=かないみかさん、クリームパンダ=長沢美樹さんの
   2人が、ドリーミングよろしく歌ってくれました。

5.ロマンティックあげるよ

  ※歌の間に、悟飯=野沢さんがセリフをいっぱい入れます。

6.愛をとりもどせ!!

  ※歌は、置鮎さんと小野さんが中心で歌ってくれましたが、
   シンのセリフと、ケンシロウの「アタタタタタ!」を神谷さんに
   代わって、古川さんが演ってくれました。

7.残酷な天使のテーゼ

  ※イントロのところで、伊吹マヤ=長沢美樹さんのセリフが入ります。

8.ラムのラブソング

  ※歌をかないみかさんが歌って、諸星あたる=古川さんが
   「好きよ」とか「ウッフン」とかの合いの手を入れます。

9.ムーンライト伝説

10.ウィーアー!

  ※ここは、やっぱり火拳のエース=古川さんのセリフが光ります。

11.宇宙戦艦ヤマト

12.銀河鉄道999

  ※ゴダイゴ版の劇場版映画の主題歌の方です。
   ここでも星野鉄郎=野沢さんのセリフが入ります。

13.勇気100%

  ※ステージバックのスクリーンに歌詞が映し出されて、みんなで
   SING OUTと云う形が取られました。そのため、ステージ側から
   客席のお客さんに向かって「良かったら、立ってください」と
   呼びかけがあり、椅子に座っていた観客がほぼ全員立って、
   みんなで歌うことにました。
  
   この曲だけは、フルコーラス最後までになっていましたね。
   「ここぞ!」とばかりに、私も思いっきり(サビのところは
   上ハモで)歌わせてもらいました。

-----------------------------------

最後に、出演者全員から順番に一言ずつコメントがあって終了となりましたが、
興奮冷めやらぬ観客からアンコールの手拍子が鳴り止まず、もう一度出演者が
登場して、1人ずつお礼の一言を述べました。その後、全員が退場して、終幕
となりました。

終わって会場の外に出た時点で、19:30 頃でしたかね。スタートが18:00くらい
だったので、全体で1時間半ほどのステージでした。

私自身は、特に固定で応援している声優さんは居ないですし、こういう声優さん
が出演されるイベントや舞台についても、特段追っかけているワケでもないので、
生で出演なさっているお姿と云うのは、たまにしか拝見できません。

ですが、やはり、自分自身が観ていたアニメ作品のキャラクターの声を再現して
もらえると、やっぱり嬉しくなりますし、興奮しますね。最近の作品は、ほとんど
判りませんが、今回は知っているネタが意外にも半分以上あったので、もの凄く
楽しめました。





・・・以上、ご隠居のお許しを得て、転載させていただきました

 

 

ご隠居のご活躍の幅の広さ、幅広い知識にも驚かされますが、

 

 

いつもながら、臨場感あふれる「筆の力」に圧倒されます

 

羨ましいゼーット

 

これで、「アニソン&声優プレミアムステージ」のレポートとさせていただきます。

 

お楽しみ頂けましたでしょうか

追伸:

 

 

ご隠居がお友達と共同編集されたという、

 

『水木一郎千曲一夜物語』

是非、読ませていただきたいものです

2012年9月12日 (水)

水木一郎氏インタビュー:「ミライガー」は、東北の子どもたちへの応援歌!

Hi! TR-Zです

何回もここでご紹介させていただいています

「東北合神ミライガー」ですが、

私の筆の力不足で、

うまく伝えられていないなあと思っていたら、

水木一郎氏のインタビュー記事が見つかりました

http://news.mynavi.jp/news/2012/06/19/163/index.html

これで少しでもご理解いただければと思います。

 

収益金は全て、東北の子どもたちへの義援金になるそうです。


私は、たくさん買って知り合いのお子さんたちに配ろうと思っています

 

震災孤児のお子さんたちが、

 

将来憂い無く高校などに進学できるようになれば

 

この国はきっと、もっと心豊かになれます


 

 

 

2012年8月28日 (火)

「東北合神ミライガー」発売されています!(動画アリ!)

HI! TR-Zです

東日本大震災からの復興を支援するテーマソング

「東北合神ミライガー」

(ティー ワイ エンタテインメント)が、

8月22日に発売されました

作曲は

「マジンガーZ」と同じ

渡辺宙明氏

(読売新聞2012年8月5日日曜版「オンリーワン」より引用。)

歌唱は、

これも「マジンガーZ」と同じ

水木一郎氏

PVはこちらでどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=QljmViz0W5E

カップリング曲は「いつも未来が」

オーケストラバージョンと、アコースティックバージョンが入っていますが、

オススメは、

 

アコースティックバージョン。

内容の深いバラードで、聞いていて涙がこぼれました


1コーラスだけご紹介させていただきます。

涙振り払う力を 勇気というなら

それを一欠片(ひとかけら) ボクに下さい

止めどない悲しみが 胸を引き裂いても

うつむかずに 顔を上げる力が 欲しい

いつも 勇気が溢れてる 

いつも 未来が溢れてる





暖かい眼差しで笑うキミの

そのやり方を 教えてくれないか

いつかボクが 同じ事を 

他の誰かに してあげられる様に・・・

(作詞:高橋 大)







ミライガーは、

東北六県の名産品や名物、お祭りなどをモチーフに取り入れた個性的なヒーロー。

笹かまとか、独眼竜とか、七夕とか…衣装や武器、必殺技に散りばめられています。

「復興を願い戦う皆の、勇気の結晶」であるわけです。




「東北合神ミライガー」(宮城県)

宮城県を母体として東北六県の力を集結させた合体ヒーロー。

東北各地のヒーロー達に特訓してもらった時に授けられた、

各地のいろいろな名産品がパワーの源(CD解説より)。

ミライガーのヒーローショーの模様はこちらから。

http://www.youtube.com/watch?v=UIQNX9OFc7Q

このCDの収益金は

 

 

 

義援金として

 

 

 

被災地の子どもたちに

 

 

 

寄付されるそうです

 

みんなで買って、東北の復興を応援しようZ

私は、たくさん買って、知り合いのお子さんたちに配ろうかと思っています







PVを見てやはり思ってしまいました・・・

水木さん、

ダイエットの努力は認めますが

あとひと踏ん張り、

ダイエット、

がんばってほしいなあ~。。。。。

2012年6月30日 (土)

新規スタッフの募集は、締め切らせていただきました。感謝!

HI! TR-Zです

ここのブログ、およびスタッフブログで、新規にお手伝いいただけるスタッフの方々を募集しておりましたが、本日をもちまして、ひとまず、募集を打ち切らせていただきます。

ご応募くださった方々、どうもありがとうございます

いつも応援してくださる皆さま、どうもありがとうございます

2012年5月16日 (水)

新規スタッフ大募集中!

Hi! TR-Zです

早いもので…

『アニこべ』が設立されて、おかげさまで2年が経ちました

悩みは、

スタッフが足りないこと

産声をあげて早二年。スタッフの数が足りませんっ

そこで、今回、新規スタッフの募集をすることとなりました。

 

今までの活動を知っている方も、知らない方も、わかりやすいようにQ&Aを作りました

 

ここにたどり着いたなら、きっとご縁があります。

 

あなたのご応募を心からお待ちしております!

Q1.「アニこべ」とはどんな団体ですか?

A1.2010年4月に産声を上げたばかりの「草の根的な市民活動」です。

あの阪神・淡路大震災を経験した神戸を、「愛や友情、勇気や希望、未来などがいっぱい詰まったアニソンのもつ不思議なチカラ」でさらに元気にすること、

そして、神戸から「新しいアニソン文化」を発信することを目指しています。

Q2.活動内容、実績を教えてください。

A2.ハートフェスタ2010(20周年記念):ステージプロデュース
   東灘区制60周年記念事業アニソンフェスタ2011主催(
ゲスト:宮内タカユキ)
   ハートフェスタ2011:ステージプロデュース
   ひょうご安全の日推進事業アニソンプレフェスタ1204主催(
ゲスト:井上ひかり
   ひょうご安全の日推進事業アニソンフェスタ2012主催(
ゲスト:串田アキラ
   
  

 ※イベントを行うたびに、新しいつながりや絆も増えていきます!

Q3.楽しいですか?

A3.イベント開催までは何かと大変ではありますが、自分たちの企画したものが実現した時の、達成感はひとしおです。
   作り上げる過程の楽しさもあります。

Q4.年齢性別は関係ありますか?仕事を持っていてもできますか?

A4.年齢性別不問です。現在のメンバーは女性が多いですが、男性大歓迎ですよ。
   主に30~50代が中心ですが、若い力も欲しいですね。
   もちろんどの世代の方も大歓迎です。
   メンバーみんな仕事をもったり、持病を抱えたり、育児・介護などをしたりしながら、、活動をしています。
   仕事のある方も、大丈夫です。

Q5.活動はいつ、どの程度ですか?

A5.不定期です。大きなイベント前となると、月に2~3度ほどスタッフや関係者で集まることもあります。
   それ以外は、パソコンメールでのやりとりが中心となります。

Q6.お金はかかりますか?

A6.スタッフ会議や合同ミーティング(主に東灘区)、イベント会場などへの交通費は自己負担です。
   ミーティングを低価格のお店などで行う時などの飲食代金も自己負担となります。

Q7.どんな人材を求めていますか?

A7.①イベント準備期間中やイベント当日に、スタッフとして動いてくださる方

     ②パソコンのスキルが高い方。(画像・動画編集、デザイン、WEBサイト管理などを手伝ってくださる方)

       ③企画力、行動力、責任感、やる気のある方
  

 ①~③の一つでも当てはまれば大丈夫です

Q8.「アニソン」(アニメソングの略称ですが、ここでは特撮ソングも含めた総称です。)が絶対に好きでないとだめですか?

A8.中には、アニソンにあまり興味のないメンバーもいます。

アニソン初心者でも、神戸が大好きであれば大丈夫です。

神戸を元気にするため、ぜひあなたも仲間になってください!

Q9.どのように応募したらよいですか?

A9.anikobe_2011@mail.goo.ne.jp(スタッフ募集係あて) へ以下の項目をご記入の上、ご応募ください。(@の前は、アニこべ アンダーバー 2011  です。)


   ①氏名(フリガナ)、②年齢、③性別、④ご住所、⑤連絡のつくお電話番号、
   ⑥メールアドレス(紛らわしい文字や記号にはフリガナ)、⑦一言自己PR
   

定員になり次第締め切らせていただきます

皆様のご応募お待ちしております

2012年3月 4日 (日)

「アニソンフェスタ2012」での募金の寄付先

Hi! TR-Zです

2月25日(土)の「アニソンフェスタ2012」では、

ご来場者、ご出演者、応援スタッフをはじめ、

本当にたくさんの方々のお力や応援をいただきました

世界中に向かって、お礼を叫びたい気持ちです。

どうもありがとうございました

さて、皆様のお心のこもった「東北応援メッセージが、

たくさんのひまわりの中に書き込まれたタペストリーは、

3月7日(水)に開催される

宮城・仙台アニメーショングランプリ」授賞式で、

展示していただくことになっております

当日の写真も後日、送ってくださるそうなので、とても楽しみです

また、「アニソンフェスタ2012」で皆さまからお預かりいたしました募金は、

東日本大震災みやぎこども育英募金

(「東日本大震災による震災孤児等支援のため」のものだそうです。)

に、寄付させていただくことにいたしました

もしも二つの大震災がなければ、

神戸と仙台がこのような形でつながることもなかったことでしょう

本当に不思議なご縁で、絆が生まれました

ところで、

先日、コンビニで、買い物をしました。

バイクが移動手段の私は、例によって、

マスクにネックウォーマー、その上からヘルメットという、

「銀行強盗と間違えられても仕方がない」スタイルで、

レジに並びました。

すると、店員さんに、

TR-Z代表ですよね?!」

と声をかけられて、飛び上がりました

この覆面姿で、よくぞまあ…

『アニこべ』もそこまで有名に

帰りにレジ袋を見たら、

私、振り込みしていました。

そりゃ、本名まるわかりですわね

なんと、声をかけてくれた店員さんは、

防災学習で、寸劇を演じてくれた学生さんでした

でも、声をかけてくれて、ありがとうーっ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

神戸コスプレコレクション

六甲コスプレアイランド